FC2ブログ
プランター栽培のベランダ菜園から始めて家庭菜園にランクアップ! 家庭菜園(310さいえん)奮闘日記です。

じゃがいも栽培:土作りが完了した畑に芽だしした種芋を植え付け[2月27日撮影]

[露地栽培:じゃがいも]
芽だししたじゃがいもの種芋1 芽だししたじゃがいもの種芋2
買ってきたじゃがいもを室内の暖かいところにおいて芽だしをしました。
植え付ける前に芽だしをしておきます。
じゃがいも植え付け時期は2月末~3月くらい。(関東の場合。)
2月にはいってから植え付け準備のために暖かいところで芽だしをして、
その間、畑の方は土作りで準備します。
天地替えをして土の中の虫さんに天国に行ってもらった後に、
苦土石灰と牛糞(腐葉土を使う人もいます。)を1週おきに混ぜておきました。

芽が出た種芋を畑においたところ 切って石灰をつけた種芋 
植え付け直前にとった種芋のアップ写真2種です。
タオルに包んで持っていったけど、うっかりいくつか芽を折ってしまった。
芽だしにしっぱいして腐ってしまったじゃがいもがあったので、
1個を半分に切って、2株分にしたのもあります。
切り口に灰や石灰をつけて土の中で腐らないようにします。

ちなみに今年栽培するじゃがいもの種類は次の3種。

いんかのひとみ
じゃがキッズレッド
シンシア

いんかのひとみが6株。あとのふたつは3株ずつです。
さて、上手にそだちますかね~。 ってことで植え付け開始です。

じゃがいもの区画を耕す
まずは土作りが完了した畑の区画を耕して土を軟らかくします。
そして、じゃがいもを植えるための溝をほる。
ちなみにこの区画は去年里芋(八丈赤目芋)を植えていた区画です。
芋の区画にまた芋?連作障害は大丈夫なのか?って思いますが、
里芋はサトイモ科じゃがいもはナス科なんですね~。まさか!って感じですけど。

種芋を畑に並べる 種芋を畑に並べる2
鍬で掘った溝に30cm間隔で種芋を並べていきます。
その際、芽が上を向くようにしっかり固定しながら並べるのをお忘れなく。

種芋と種芋の間に肥料と牛糞をおく
植え付けた種芋の間に牛糞をまいて土に栄養をいれてやります。
土とちょっと色が違ってあかるい茶色なのが牛糞です。

植え付けのじゃがいもをあっぷにしたところ じゃがいものさらにアップ
そしてさらに牛糞をまいたところに化成肥料をぱらぱらと。
土の中に栄養を閉じこめるので、根がはったときに少しずつ栄養をすうのでしょうね。

じゃがいもに土をかける
肥料やりがおわったらつちをしゃべるなどでふわっと優しくかけます。
梅固めるのではなくて、土をうえからかぶせてやる。

植え付けが終わったじゃがいもの区画
完全に土をかぶせ終わったら表面をかるくならして綺麗に整えます。
そして、そのうえからたっぷり水をやって完了!

向かって右側がいんかのひとみが6株分。
左側がじゃがキッズレッド3株分、シンシア3株分です。
無事に全部育ちますかね~?

ちなみに去年はオクラの区画からじゃがいもがでてきてびっくりしました。
まえにこの畑を使っていた方がうえたものが出てきたみたいです。
去年は雑草が生い茂っていたので、草取りをして、畑全体を耕すのが大変でした。
そして耕して土をぐるぐるまわしたので、畑の奥深くに固まっていたのが
出てきたのかもしれません。(ちゃんとじゃがいももとれました。)

そういう例をみてきたので、すべてきちんと育つわけでもなかろうと、
そんな風にもおもっています。
でも、全部芽がでてきたらうれしいです。

だいたい1ヶ月くらいで芽が出てくるそうなので、しばらくは放置です。
スポンサーサイト



Posted by 菜園玲子 at 2011/02/27 18:30 | トラックバック:0 | コメント:0 | Top▲
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
じゃがいも栽培:土作りが完了した畑に芽だしした種芋を植え付け[2月27日撮影]へのトラックバックURL