fc2ブログ
プランター栽培のベランダ菜園から始めて家庭菜園にランクアップ! 家庭菜園(310さいえん)奮闘日記です。

間引いた白菜で作ってみた。白菜と花の炒め物

[菜園観察日記]
間引き白菜と花いため
畑から間引いた白菜と中国で買ってきた乾燥の花です。
なんの花だったかなぁ?形からすると百合?
白菜は若い頃はさっぱりした味の青梗菜みたいな感じで、
さすがは中国野菜を思わせます。
乾燥したお花もしゃくしゃくとした食感とよく合う。
味付けはぱいたんスープを使わず、廣記 味覇 (ウェイパー)のお力を借りました。
手軽な中華風の味を作るときに便利。

ちなみにお花は調べてみたらやっぱり百合でした。
金針菜【きんしんさい、ゆりの花】というのがそれです。
に、日本で買うと以外と高い。100gで1000円くらいします。
でも青菜のみずみずしい食感とあってウマイです。
もしかしたら贅沢に使いすぎだったのかも。・・・。

カボチャのそぼろ炒め
お次はカボチャのそぼろ炒めです。これはお金かけてません。
ニンニクをスライスし、鷹の爪、玉葱のみじん切りという順番でフライパンで炒め、
挽肉(合い挽きが安かったから合い挽きを使った)150gを加えぽろぽろになるまで炒め、
カレーパウダー小さじ1/2、塩で軽く味を付けておく。
そして、搭乗するのが我が家で作ったカボチャです。
この日本カボチャは甘みが少なくさっぱりした味なので、濃い味付けや油によくなじむ。

合い挽きを使って炒めているので結構この時点で油がぎとぎとなんです。豚の脂で。
(勿論、サラダ油もつかっていますけど。)
食べやすい大きさに切ったカボチャを電子レンジで3分くらいチンしておいて、
フライパンの中のカレー風味そぼろに投入します。
この良は中くらいのサイズのカボチャ1/3個ぐらいです。

酒大さじ3、醤油大さじ1を加え、カボチャを崩さない程度にさっと炒め混ぜ、
フライパンにふたをして、カボチャに火が通るまで煮たら完成。
肉がぽろぽろのかりかりになっておりますが、カボチャによく合う。
フライパンの油はほとんどカボチャが吸ってしまいましたよ。

うちに残っているのは出来そこないのカボチャばかりなので、
どんな味になるのか気になります。
スポンサーサイト



Posted by 菜園玲子 at 2010/10/11 07:56 | トラックバック:0 | コメント:0 | Top▲
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
間引いた白菜で作ってみた。白菜と花の炒め物へのトラックバックURL