fc2ブログ
プランター栽培のベランダ菜園から始めて家庭菜園にランクアップ! 家庭菜園(310さいえん)奮闘日記です。

雑草除去と苦土石灰散布。

[土作り]
菜園 雑草除去後
半年以上は作物を栽培せずにほったらかしだったと見れらる我が区画。
まずは雑草除去から始めました。3×10m区画を3人でぽてぽてやって1時間半。
いよいよ畑に変貌させていきます。

ところで、土作りとはなにかといいますと、
植物は植わっている土の養分を吸収して育っていくので、
その土壌に栄養がないとうまく育ちません。
以前、誰かがこの菜園を使っていたのですから、
土はその方が育てた野菜やここに生えていた雑草たちに栄養を吸われている。
なので、まず、何かを育てる前に土に栄養を与えるわけですね。

邪魔者の雑草を抜き抜きしていると、結構、みみずや青虫、幼虫などが現れました。
こいつらがいると土が超えていくのでありがたいそんざいでもありますが、
幼虫によっては、折角植えた作物の根っこも食べて養分にしてしまうので要注意。

さて、雑草を無事除去したところで苦土石灰をまいて終了です。
苦土石灰を蒔くことで酸性の土壌にアルカリ成分が混ざって中和されます。

プロの農家の方はちゃんと畑を耕した後にどのくらい酸性なのかをきちっと測定して土作りをしますが、 家庭菜園なのでそれほどお金かけてこだわる必要はないとのこと。
関東地方の場合、大抵酸性の土壌なので苦土石灰を蒔いておけば問題ないっていうのが先生のアドバイスでした。
気になる場合は酸度を測定するアースチェック液(土壌酸度(pH)測定液)のミニキットも売ってるのでチェックするといいかも。
苦土石灰を蒔いた後は1週間畑を寝かせます。
次は土への養分補給です。

青虫 みみず なんかの幼虫
スポンサーサイト



Posted by 菜園玲子 at 2010/03/19 13:45 | トラックバック:0 | コメント:0 | Top▲
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
雑草除去と苦土石灰散布。へのトラックバックURL