FC2ブログ
プランター栽培のベランダ菜園から始めて家庭菜園にランクアップ! 家庭菜園(310さいえん)奮闘日記です。

カボチャ栽培:ベランダでは生育不足のカボチャ。2号に期待。[8月4日撮影]

[プランター栽培:富津黒皮南京]
死んでしまったかぼちゃんB1号
露地栽培の方ばかりレポートしておりましたが、プランターも一応生きています。
しかし、このようにかぼちゃんB1号(ベランダ1号)は枯れました。
プランターをみていて気がついたのですが、ゴーヤカボチャ、ハヤトウリのうち、
カボチャのプランターだけあっという間に土が乾いてしまうのです。
やつは相当水を欲しているようで、だから水やりが不十分だと
「のどかわいたよぅ。」と切実に訴えてくる。あっという間に葉がしおれます。

つまり留守の間、母に水やりを頼んでいたわけですが、朝1回の水やりではとうてい足りず、
なんとか枯れずにいただけで御の字という感じでした。
なんかいない間相当暑い日が続いたんですってね。運が悪かったかも。
それに露地栽培と違って、雨が降ってもベランダにはあまり吹き込まないですからね。
せっせと自分で水やりしてあげないとだめなのですね。あたりまえだけど。
しかもベランダだと日照量も当然悪いし、いろいろむつかしいのです。

かぼちゃんB2号
現在は家にいるため、水をせっせと与えています。
数日前に受粉したかぼちゃんB2号はすくすくと成長しておりほっと一段落です。
こう考えるとベランダの方もしきわらしておいたら少しは変わったかも。
ベランダはネットにはわせていることと、日照量が少なくて成長が遅いので、
育ちすぎに悩まされることはありません。適当に摘心だけしとかないとという感じ。

かぼちゃんB’1号
苗の段階で一番育ちが悪かったかぼちゃんB’(ビーダッシュ)もそのまま育ててます。
やはり、一番成長は遅い子なのですが、この前ようやく一つ雌花が咲いたので受粉しました。
かぼちゃんB’1号です。

しかし、このままこの二つが育つとすれば、葉がわさわさしている家庭菜園よりも
ベランダのほうがうまく実が採れるかもしれませぬ。
葉っぱやほかの作物にじゃまされず、日光が適度に当たることがポイントかも。
ゴーヤも隣にいますけども、じゃまするほどには育たないのですよ。うちのベランダは。
なんてったって西日しかあたらないのですから(笑)

実に日光が当たりすぎると日焼けをしてだめになるみたいなので、いろいろ難しいですね。
スポンサーサイト



Posted by 菜園玲子 at 2010/08/04 08:58 | トラックバック:0 | コメント:0 | Top▲
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
カボチャ栽培:ベランダでは生育不足のカボチャ。2号に期待。[8月4日撮影]へのトラックバックURL